宮城の土地購入の一連の流れ

宮城の土地を購入して、その土地に家を建てるとなった場合、大体どの様な流れになるのでしょうか?

宮城のことをよく知っていたとしても、土地購入をするに際してはある程度の知識が必要となります。

土地購入には様々な段取りもあるので、知識あってするのとそうでないのでは大きく変わってくるでしょう。

土地を探す場合、どんなに立地条件が良くても、生活しやすい環境であっても、自分の思う様な条件に合った家を建てるとは限りません。

マイホームを建てることを考えているのであれば、建築基準法などの知識も得ておくとその様な失敗はないでしょう。

土地探しをする時には、用途地域、建ぺい率、容積率、敷地の接道義務についてはある程度の知識を得ておくことをお勧めします。

宮城の土地購入までの流れは、以下の通りです。

まずは、購入したい土地を探して選び、必要であれば、価格交渉や契約条件交渉などをして、納得がいけば土地の売買契約となります。

売買契約の際には、売主へ手付金支払、媒介業者へ媒介手数料の半金支払をし、もしもローンを利用する場合はどこの金融業者を利用するかと決めておき、売買契約後すぐに申し込みを申請します。

ローンの申込申請の審査に通ったら、実際に土地の引き渡しとなり、金融機関とのローン契約をして、残代金の支払となります。

所有権移転登記と抵当権設定登記の申請の手続きをし、媒介手数料の残金があれば支払をするというのが土地購入の一連の流れになります。