宮城の土地購入にかかる税金

宮城の土地購入をして、マイホームを建てようと考えた場合など、宮城の土地の管轄内にある法務局などにいって、登記簿を移したりなどの様々な手続が必要になりますが、その他土地購入や家屋建築においては様々な税金がかかってきます。

税金は後から請求がきて、忘れていた!なんてこともよくある話なので十分注意しましょう。

◆参照サイト・・・→[土地の売買を行うときは

まず、登録免許税という国税があります。

これは「土地の所有権移転登記」や「新築の建物を建てた時の所有権保存登記」、「ローン抵当権の設定登記」などに関わる税金で、これらを申請する場合に課税される税金です。

これらの税金に関して、個人の土地であったり、家屋であった場合、軽減税率や特例税率が適用される場合もあります。

次に不動産取得税という都道府県税があります。

この不動産取得税というのは、個人の土地や家屋には軽減措置があるために課税されない場合もあります。

どうすれば、軽減措置を受けられるのかといえば、土地や家屋を取得した後から自治体で指定されている期間内に、土地や家屋のある地域を管轄する都道府県税事務所へ申告書を提出します。

不動産取得税が課税される場合は、時間がある程度経過した後に納税するために、慌ててしまうということもよくある様なので気をつけましょう。

その他、土地の売買契約書や建築工事請負契約書、ローンの契約に伴う金銭消費貸借契約書などの必要書類には印紙税が課税され、この印紙税というのは、土地の売買金額や工事請負金額、ローン借入金額によって金額が異なります。