宮城の土地購入にかかる費用

宮城の土地購入を考えている場合、宮城のどこの地域で土地を探すか?立地条件はどうか?など気になることはたくさんあると思いますが、土地購入をする場合、つい忘れがちになってしまうのが、土地以外にかかる費用についてです。

土地購入にかかる費用やその種類にはどの様なものがあるのでしょうか?

土地だけを購入するといっても、支払うべきものは土地の売買代金だけではありません。

ざっとどれくらい別途費用がかかるのかといえば、一般的には土地売買価格の約5%程度だといわれています。

5%といっても、土地自体の価格が高いものですから、思わぬ出費に資金計画が狂ってしまうということもあります。

土地購入後にマイホームを建てようと思っている場合、家の建築費用の予算を抑えなくてはならなくなったということもありますので、事前に全体にかかる費用のことを知っておきましょう。

土地購入をする時に最も大きな負担となるのは媒介手数料です。

土地購入をする場合、多くの人が不動産会社の媒介によって契約をすると思いますが、契約が決まると、媒介手数料は土地価格に3.15%をかけて、63000円を足したものが上限額とされています。

その他掛かる費用には、登記申請などを依頼する司法書士報酬、確定測量などの土地家屋調査士報酬、ローン申込に伴う費用、住民票などの必要書類取得費用、実印作成費用、登記簿謄本代、固定資産税などの清算、振込手数料などがかかります。

一部になりますが、こちらで宮城の太白区の関する土地情報の場合をご覧いただけます。ご参考下さい。